スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←適当の難しさ →ご無沙汰しております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【適当の難しさ】へ  【ご無沙汰しております。】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

在るということの意味って

 ←適当の難しさ →ご無沙汰しております。
秋の気配が感じられる様になってきました。
樹々の緑もこれから少しずつ色づいてくる頃。
今一度、これからの『イココチ』の在り方を考えています。

5年前を思い返してみると、
5年後の『今』をイメージできていた訳ではなく、
あーでもない、こーでもない、と試行錯誤しながら、
気がついたら5年経っていたっていう感じなんですね。
本当にあっという間で自分でもビックリしているのですが。
ただ、もしこの先の5年後を考えるとしたら、
今以上に試行錯誤して行くことと同時に、
何かが必要な気がしていているのだけれど、それが何だか良くわからない、
モヤモヤした感じだったんです。最近特に。

変わらないことと、変わっていくこと、
互いに相反する関係性の中で、育まれていくこと。
未だにまだぼんやりとしたものなのですが、
5年後のイココチに、あるいは5年という時を刻む過程に、
明確な何かがつかめるのではないかという気がして来ていています。

街の中に、いろいろなお店がある中で、
それぞれのお店の人やサービス、時間と空間がある中で、
イココチがこの街のこの場所にあることの意味や、
イココチにしかない時間と空間ってなんだろう。
自分自身がそこに関わっていくことで何ができて、何ができないのか。
そういう至極当たり前のことから問い直してみようと思っています。


スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【適当の難しさ】へ  【ご無沙汰しております。】へ

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【適当の難しさ】へ
  • 【ご無沙汰しております。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。