スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←雨の神保町 →路地裏の絵本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【雨の神保町】へ  【路地裏の絵本】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

土に想う

 ←雨の神保町 →路地裏の絵本
花粉症に悩まされている友達の話を聞いたのですが、
『道路のアスファルト化がその原因のひとつ』らしく、
本来地面が土であれば吸収されるはずの花粉が、
アスファルト上では吸収されず、
逆に風や交通の行き交いによって空気中に舞い上がるみたいなんですね。

先日鎌倉を散策していた時に見かけた、昔ながらの土壁も、
そもそも塀を作る際に掘り起こした土をそのまま下塗りに使うという、
とても合理的な方法で作られていました。
今ではその土がないということもあり、土壁自体あまり見かけなくなりまし、
テレビでも、日本に生息する数種類の昆虫の絶滅が認定されたと報道されていたり、
なかでも衝撃だったのが、
『100年後、東京では桜の花見ができない』という報道でした。
なんでもこのまま温暖化が進むと、
寒い時期を経ることで咲く桜が、そもそも開花しなくなるらしいんです。

長い時を経て土に堆積、吸収、分解、されたものが栄養分となって、
樹々や植物に吸収され、光合成や微生物の繁殖を促す、
文字通りアンダーグラウンドで行なわれている自然のサイクルが、
ヒエラルキーの上層に位置づけられている昆虫や動物、人間や環境にも、
影響を及ぼさない訳がありませんよね。

そう考えると、
風土、土着、郷土、といった『土』によって育まれて生まれた言葉さえも、
いつかは都市化の波に呑まれてしまうのだろうかと、
本を読みながら、改めて『土』の偉大さに気付かされたのでした。

RIMG0385.jpg




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【雨の神保町】へ  【路地裏の絵本】へ

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【雨の神保町】へ
  • 【路地裏の絵本】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。